日本語→英語

拠点概要 研究課題

ナノサイエンス研究領域は、ナノテクノロジーの基盤として、今世紀における非常に重要な研究領域と位置づけられます。

さらに、半導体から金属まで、多様な伝導特性を示すカーボンナノチューブが物語るように、ナノサイエンス自身、豊穣かつ新たな自然像をもたらす魅力的な科学研究領域です。

そして、このナノサイエンス研究を支えるのが、量子物理学研究領域です。本拠点では、これら領域の重要性に鑑みて、その両者について総合的に、かつ有機的な連携を保ちながら研究展開を進めます。

特に、グラフェン・ナノチューブ・フラーレンに代表されるナノカーボン系は、ナノエレクトロニクス素材としての重要性に加え、無限の構造バリエーションがある系であす。その物性解明・予言に代表されるナノ構造体の物理学は、最重要課題の一つと位置づけられます。

さらに、統計物理学を駆使した量子情報理論、そして量子ドット機能素子による量子情報応用、宇宙観測実験などのフロンティア応用、少数フェルミ粒子系の振る舞いを解き明かす量子物理学理論・実験等の各分野において、第一線の研究を展開しております。

PHOTO